家計の不安を取り除くことで日本を元気にする

テーマ1 お金の知識不足による誤解

多くの人が老後にバクゼンとした不安を感じています。

マスコミや週刊誌、SNSなどの情報に、必要以上に不安を煽られてしまっているからかもしれませんね。

では、なぜ必要以上に不安を煽られてしまうのでしょうか?

それは知識不足が原因の一つです。

お金の知識が不足しているから、世間の情報を鵜呑みにしてしまうのです。

「年金制度は将来破綻するからあてにならない」は、典型的な誤解ですよ。

将来の年金額の目減りは免れないかもしれませんが、年金制度自体が破綻することはありません。

個人ではとても賄いきれない人生のリスクをカバーしてくれる大切な制度でもあります。

年金は一生涯途切れることのない現金収入です。

他には変えがたい経済的安心を家計に与えてくれます。

「知らない」が「知ってる」に変わるだけで、バクゼンとした老後不安は軽くなります。

家計の「お金の知識不足による誤解」を取り除けば日本は元気を取り戻します。

テーマ2 家計が常に余裕がないように感じる錯覚

何となくお金が足りないような気がしてケチケチしてしまう。

かと思えば「たまにはいいよね」と何となく高額な買い物をする。

将来へのバクゼンとした不安から闇雲にお金をため込んでしまう。

まるで老後のために今を生きているみたい…

これは、あなたが家計の現状を把握できていないことが原因かもしれません。

家計の現状が把握できたらどうなるでしょう?

意外と大丈夫と思えることもあれば、大丈夫じゃないことに気づくこともあります。

大丈夫じゃないことに気づいたとしても対策をうてば大丈夫です。

家計の現状を把握するだけでも、バクゼンとした老後不安は軽くなります。

家計が「常に余裕がないように感じる錯覚」を取り除けば日本は元気を取り戻します。

一歩づつ前進

なんとなく不安だから、不安を解消できそうな提案をされると心が動きます。

保険見直しの提案をうけたり、ネットワークビジネスに誘われたりしてどうしようか迷う…

NISAとかiDeCoが良いって聴いたからやってみようかな?

保険とかNISA、iDeCo、ネットワークビジネス、海外投資など、それぞれに良い悪いはありませんよ。※法律に違反しているモノは悪いです

保険は必要なモノだし、ネットワークビジネスや海外投資が家計の収入アップに役立つ可能性もありますからね。

何が言いたいのかと言うとですね。

保険とかNISAやiDeCo、ネットワークビジネスや海外投資などは、老後の安心を得るための手段でしかないということです。

ゲームに例えると武器です。

武器を選ぶのに一生懸命になってもラスボスは倒せませんよね。

それから、強い武器を身につけているからといって倒せるわけでもありません。

倒せるレベルになってなければ意味がないのです。

そもそもラスボスの居場所が分かってなかったら絶対に無理です。

逆に武器が少々弱くても大丈夫です。

ラスボスの居場所が分かっていれば、地図を見ながらラスボスのところへ向かえます。

その過程で少しづつレベルを上げて、十分に強くなっていれば武器なんて何だって倒せます。

強い武器の方が少しラクチンに倒せますけどね。

家計も同じです。

必要な老後資金を大まかに把握して、貯蓄・投資計画を見ながら歩き始めます。

その過程で少しづつ家計を見直したり、収入を上げる工夫をしながら日々を楽しく過ごします。

そうすれば、老後資金を準備する手段は保険でも貯金でも何でも大丈夫です。

効率の良い手段の方が少しラクチンに準備できるというだけのことです。

まとめ

家計には、家計の現状や必要な老後資金を把握するための目安が必要です。

その目安になるのが「貯蓄・投資計画」です。

「貯蓄・投資計画」が無いまま、老後資金を準備するための手段や方法を探し回ってもあまり意味がありません。

そもそも、老後の不安を瞬時に解決してくれる魔法の薬のような手段はありませんからね。

どこかにあるような錯覚をしてるだけです。

迷ったりする時間がもったいないです。

大まかに「貯蓄・投資計画」をつくって歩き始めましょう。

手段や方法は後から考えても遅くありません。

老後にいくら必要なのかも、現在の生活費を基準にして大まかに決めてしまえばOK。

大まかに「貯蓄・投資計画」を立てて歩き出すことが先決です。

老後は20年30年先のこと。

どうなるかを今から予測することは不可能です。

それを完璧に予測しようとすることは諦めましょうね。

まずは、1年後くらいの近くにマトを置いて矢を放ってみます。

外れたら(計画通りいかなかったら)軌道修正してもう一回。

これを繰り返して一歩づつ進んでいけば、未来は今よりも確実に良くなっていきます。

気付いたら老後2,000万円を準備できる家計になっています。

家計が筋肉質になって、より大きな金額を準備できるようになっているかもしれません。

そうなればしめたモノ、今を存分に楽しめるようにもなります。

将来の不安が、楽しみに変わります。

家計が明るく元気になれば、日本は必ず元気を取り戻せます。

お金の学習塾
プレミアム公式LINE

お金の学習塾のプレミアム公式LINEは、入塾体験(無料)を受けて下さった方だけをお招きしています。入塾体験はプチ家計コンサルです。体験された人の感想や体験の詳細はこちらのボタンからお進みください。